象形文字の秘密
漢字の解読

トップ > スポンサー広告漢字解読2 > 「冂」の展開 /32

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告

「冂」の展開 /32

今回は前回解読した「冂」の展開です。

1.「冂」と「一」との組合わせ

」=「一」+「||」:=体+二本足=>立っている体=>立っている人=>立っているもの=>とびだすもの=>飛出した形=>ものの形/ものの型=>輪郭=>きょうかい

丹-丶」=「冂」+「一」:=立ったからだ+体の部分=>ひとの体
」=「丹-丶」+「丶」:=ひとの体+特別な(指示)=>ひとの体の中=>肉色=>あか



2.「冂」と「入」/「人」の組合わせ

冂+入」=「冂」+「入」:=飛出したもの+はいる=>飛出したもの(男根)がはいる周り=>膣=>体の内側=>うち

丙-一」=「冂」+「人」:=輪郭+おとこ=>男の体型=>男とその仲間(=獣)=>男達
」=「内」+「一」:=男達+体=>男達の体=>動物の体(肉体を持つもの)=>動物
」=「木」+「丙」:=木+男達=>木でできた男達=>ものの握る所=>握る所=>え
」=「疒」+「丙」:=やまい+男達=>病んだ男達=>男の病=>やまい
」=「火」+「丙」:=やく+動物の体=>やいた動物の体=>確実にうまいもの=>あきらかにうまい=>あきらか

 教育用漢字「内」=「丙-一」は「冂+入」の俗字です。設問解字や康熙字典では「冂+入」(:=はいる) は「入」の部の文字で「冂」+「人」の字は見当たりません。

 「丙」が「人」と「冂」を組合わせた展開であり、たとえ設問解字や康熙字典になくても「内」=「冂」+「人」が別に存在したと考えられるので、その解釈が必要です。

」=「冂」+「人+人」:=体+おとこたち=>男達の体=>食べる体=>にく

 「肉」は男が食料の一部であった悲惨な時代にできた文字です。この項の文字の説明は「冂+人」を中心に父系社会になって特に抹殺された部分です。



3.「冂」と「丁」の組合わせ

雨-四点」=「丁」+「冂」=>職人+ものの形=>職人の体型
」=「雨-四点」+「四点」=>職人の体型+あせ=>汗だくの職人=>ぬれた体=>雨にぬれた体=>あめ

 「丁」+「冂」が「職人の体型」までが解ければ、「雨」の字にのみ表れる右下がりの四点が「汗」であると連想できます!

 「雨」も身近なもの(この場合「汗」)が、自然の対応するもの(この場合「雨粒」)へと意味の外延が生じた例です。初期の文字にはこの種の文字が多くあります。


舟-ノ-丶」=「冂」+「丁」:=ものの形+労働者=>男の操るもの
舟-丶」=「ノ」+「舟-ノ-丶」:=特別な+男の操るもの=>特別な男の操るもの=>いかだ
」=「舟-丶」+「丶」:=いかだ+特別な(指示)=>ものを載せ男の操るもの=>ふね

 「丹」や「舟」の左縦棒は「|+ノ:=の垂れ下がるもの」で解読することができず、「冂」の第一画縦棒の変形です。また、全ての辞書で「舟」の「横棒」とその下の「丶」は離れてはおらず、両者が「丁」の字を形成しています。


***** 開始 関連する辞書の解字 *****

「丹」 解字:会意。意符の?(丹砂を採る井戸)と、音符の・(丹砂の形)とから成る。井戸の中から採る炎色(赤色)の意志、丹砂の意。

「冂+入」 解字:象形。穴居、あるいは家の入り口の形にかたどる。入り口、または、はいる意。ひいて、内部「うち」の意味に用いる。
「冂+人」 解字:なし
「丙」 解字:象形。祭肉を載せる大きな机の形にかたどる。神にいけにえを奉げる大きい祭祀用の机の意。
「柄」 解字:形声。意符の木(き)と、音符の丙(手に取る意)とから成る。手にとって持つ木の部分、「え」の意味。
「病」 解字:形声。意符の疒(やまい)と、音符の丙(益し加わる意=竝)とから成る。病状が増し加わって重くなる、危篤の状態になること。
「炳」 解字:形声。意符の火(ひ)と、音符の丙(著しい意=「艸+丙」)とから成る。火の著しく明るい意。
「肉」 解字:象形。切り離した獣肉と、その筋のあるさまにかたどる。やわらかな「にく」の意。

「雨-四点」 解字:なし
「雨」 部首解説:これを部首として降雨を中心とした気象状況に関する意を表わす文字ができている。
    解字:象形。天(一)の雲(「冂+|」)と、水滴(四点)の降るさまにかたどる。雲から落ちる水滴、「あめ」の意。

「舟」 解字:象形。木の内部をくりぬき、転覆を防ぐ装置をつけた丸木舟の形にかたどる。ひいて、「ふね」の意に用いる。

***** 終了 関連する辞書の解字 *****


 「田」の展開として紹介した「冉」と「再」(第25回参照)は辞書では「冂」の部に入っていますが、「冂」の展開では解読できません。


32ame.gif

テーマ:漢字 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2006/10/09 08:06】 | 漢字解読2 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |
<< 「冂」の追求 /31 | home | 「冂」の展開2 /33 >>

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

 

目次

イベント

最近の記事

最近のコメント

内容の紹介

 このブログは漢字の解読を紹介します。従来、部首はほとんど象形とされていますが、部首である「用」「角」「車」「里」「鬼」「竜」「魚」「黄」は部首「田」を含んでいます。  「田」を含む部首を「田」から派生した文字と説明しようとする探検です。

リンク

kanken.gif



samoa.gif

プロフィール

sachio43

Author:sachio43
定年後に漢字の解読を研究中
Dad.gif

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。