象形文字の秘密
漢字の解読

トップ > スポンサー広告漢字解読2 > 「句」と「局」の追求 /29

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告

「句」と「局」の追求 /29

1.初めは「句」の字について考えます。まずその意味と解字を辞書で確かめます。

「句」 字義:くぎり
    解字:形声。意符の口(くち)と、音符の勹(古形は「収-又」。やめる。やすむ意=休)とから成る。言葉を休止する、言葉の切れ目の意。一説に鉤の意で、かぎの意という。


 第26回で捕らえた「勹」の解を思い出してください。
」:足のつながる所=>=股関節=>座った股関節=>またぐらをなす所=>またぐら=>ものをつつむ=>つつむ

 「くぎり」の意味は「つつむ」と少し関係が有りそうですが、「口」の意味が生きてきません。着実な解読に向けて「句」の仲間を集め検討しましょう。

「佝」 字義:背が丸い。せむし。     <=丸い体
「呴」 字義:口で吹く。あたためる。   <=丸くした口
「狗」 字義:子犬。              <=丸いけもの
「鉤」 字義:先の丸いかぎ。かぎ。    <=丸い先のかぎ
「痀」 字義:せむし。          <=丸い背中
「岣」 字義:山頂。           <=丸い頂点
「拘」 字義:とらえる。          <=丸い腕
「昫」 字義:あたたかい。        <=丸い日

「句」は「まるい」と言う意味を持つようです。
」=「勹」+「口」=>股関節+口=>産道口=>(赤子の生まれる)丸い口=>まるい=>まるいもの出産=>一回の出産=>くぎり

 「句」は長い時代の間に「産道口」,「まるい」、「くぎり」の3段階の意味の変遷を経ているようです。

 「くぎり」の意味は子供の出産で母親の社会的地位が変わったらしく、子供の出産を一区切りと見なしたものでしょう。

 少し強引な解読ですが、性と出産に関わる文字の内容は最も古く時代の風化を多く受けています。また、次の「局」の字との関係で、この強引と思われる解読が少しは緩和されます。


 今回の解読に手掛かりを与えてくれた文字達を改めて紹介します。

」=「イ」+「句」:=男の仕事+まるい=>丸くなる仕事=>丸い体
」=「口」+「句」:=くち+まるい=>丸い口=>吹く口=>口で吹く=>あたためる
」=「犭」+「句」:=けもの+まるい=>丸いけもの=>子犬
」=「金」+「句」:=かね+まるい=>先の丸いかね=>先の丸いかぎ=>かぎ
」=「疒」+「句」:=やまい+まるい=>(背中の)丸くなる病=>せむし
」=「山」+「句」:=やま+まるい=>山の丸い所=>山頂
」=「扌」+「句」:=うで+まるい=>丸くした腕=>抱え捕らえる=>とらえる
」=「日」+「句」:=ひ+まるい=>(雲のない)まるい日=>暖かい日=>あたたかい

 「呴」は偏の口と句の中の口とが異なる口を表わしている点に注意してください。口偏の字は多く後代にできた字で辞書の解説の通り「食べる口」の意味です。
 この字の意味からは、かじかんだ手を温める情景が浮かびます。

 「鉤」は釣針の形と思われますが、魚を取る画期的な発明です。



***** 開始 関連する辞書の解字 *****

「佝」(キョク) 解字:形声。意符の人(ひと)と、音符の句(曲がる意=勾)とから成る。背の曲がった人の意。
「呴」 解字:形声。意符の口(くち)と、音符の句(かがまる意=痀)とから成る。口で息を吹きかける意。
「狗」 解字:形声。意符の犬(いぬ)と、音符の句(小さい意=駒)とから成る。小さい犬の意。
「鉤」 解字:形声。意符の金(金属)と、音符の句(曲がる意=曲)とから成る。金属製の曲がった「かぎ」の意。
「痀」 解字:形声。意符の疒(やまい)と、音符の句(まがる意=曲)とから成る。背骨の曲がる病気、せむしの意。
「岣」 解字:形声。意符の山(やま)と、音符の句(高く積み上げる、重なる意=楼)とから成る。山の盛り上がった所、山頂の意。
「拘」 解字:形声。意符の手(て)と、音符の句(とどめる意=押)とから成る。手で押しとどめる意。ひいて「とらえる」意に用いる。
「昫」 解字:形声。意符の日(ひ)と、音符の句(あたためる意=煦)とから成る。日光で暖かくなる意。

***** 終了 関連する辞書の解字 *****



2.続いて「局」の字の追求で、まず辞書の内容です。

「局」 字義:ちぢむ。つぼ。
    解字:形声。意符の尸(人体)と、音符の句(体の曲がっている意=曲)とから成る。侷の原字。借りて「つぼね」の意に用いる。

「ちぢむ」と「つぼ」の無関係な意味を持っています。手掛かりに「尸」を思い出してください(第16、第18回)。
」=「口」+「|+ノ」:=肛門+垂れ流すもの=>しり=>突き出したもの=>覆うもの

 関連のなかった二つの意味は、元の意味から容易に枝分かれを推察できます。
」=「尸」+(融合)+「句」:=しり+産道口=>股間の産道口=>産道口=>(産後)縮まる所=>ちぢまる
」=「尸」+(融合)+「句」:=しり+産道口=>股間の産道口=>赤子を収めた口=>赤子ツボの口=>子宮の口=>子宮=>つぼ

 次に「局」の展開でその正さを確認しておきます。
」=「イ」+「局」:=部族内の仕事+ちぢむ=>縮こまる仕事=>背丈が低い
」=「扌」+「局」:=て+ちぢむ=>手を縮める=>にぎる
」=「足」+「局」:=あし+ちぢむ=>ちぢんだ足=>足を曲げ縮める=>つづまる

 「産道口」は初め「局」の字で表わしたようですが、次第に「句」は「まるい」意味に変わっていったために、「句」に「尸:=しり」を追加して、新たに「産道口」の意味を持たせたと思われます。



***** 開始 関連する辞書の解字 *****

「侷」 解字:会意形声。意符の人(ひと)と、意符と音符を兼ねる局(小さく曲がる意)とから成る。人体が曲がって縮まる意。
「挶」 解字:形声。意符の手(て)と、音符の局(かがめる意=曲・拘)とから成る。手を曲げて囲む、にぎる意。
「跼」 解字:形声。意符の足(あし)と、音符の局(かがめる意=曲・拘)とから成る。足を曲げて縮こまる、「せぐくまる」意。

***** 終了 関連する辞書の解字 *****


29kukyoku.gif

テーマ:語源 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2006/09/19 08:41】 | 漢字解読2 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |
<< 「勿」の追求/28 | home | 「勹-ノ」のまとめ /30 >>

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

 

目次

イベント

最近の記事

最近のコメント

内容の紹介

 このブログは漢字の解読を紹介します。従来、部首はほとんど象形とされていますが、部首である「用」「角」「車」「里」「鬼」「竜」「魚」「黄」は部首「田」を含んでいます。  「田」を含む部首を「田」から派生した文字と説明しようとする探検です。

リンク

kanken.gif



samoa.gif

プロフィール

sachio43

Author:sachio43
定年後に漢字の解読を研究中
Dad.gif

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。