象形文字の秘密
漢字の解読

トップ > スポンサー広告漢字解読2 > 「角-ク」の解読/25

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告

「角-ク」の解読/25

 今回は「角-ク」の解読です。この字そのものは現在使われていませんが、派生した文字からこの文字が存在したと考えられます。活字がなくて読みにくいでしょうが、図を見ながら読んでください。

まづ、「|:=立った足」 を使います。
||」=「|」+「|」:=二本の立った足=>立った両足=>立ったひと=>立った体=>ひとの体

 羽がなくて二本足で立つことはひとの特徴です(尾を使うカンガルーは例外)。以下「田」と結びついて左側の足が外にはねるのは「厂」(がんだれ)の時と同じで、書きやすさ等による変形でしょう。

角-ク」=「||」+「田」=>立った両足+生むもの=>二本足で立つ妊婦=>立った妊婦
」=「ク」+「角-ク」:=動物+立った妊婦=>動物的な妊婦=>気の荒い妊婦=>周囲に突き当たる妊婦=>回りに当たるもの=>角をもつもの=>つの
」=「角」+「虫」:=つの+むし=>虫の角=>虫の触覚=>ものに触れる=>ふれる(図は略)

 「角」の上部は「魚」と同じで、「ク+田」+「||」と考えることもできます。そのときの解釈は、次のとおりです。
ク+田」=「ク」+「田」:=動物+生むもの=>子を産む動物=>身ごもった動物
」=「ク+田」+「||」:=妊娠した動物+立ったひと=>動物的な妊婦=>・・・

 動物が非常に気が荒くなり不用意に近づくと危険なのは、妊娠した時と怪我をしている時で、これは人間でも同じです。妊娠時の用意に結婚式には角隠しを付ける因習が生まれたものと思われます。

 以上は「角」=「ク」+「田」+「||」を意味しますが、「ク」+「||」が現実的な意味を持たないので、三つの要素のどの組合せから解釈を始めてもよいわけではありません。
 特に以下に示す「一」「二」のように限定して修飾する意味の場合は、字のできた順番に読み取らないと意味が通じません。

角-ク+|」=「由+||」:=上に伸びるもの+立ったひと=>上半身が伸びあがる妊婦の体=>臨月の妊婦
」(ゼン)=「一」+「||+由」:=体+臨月の妊婦=>臨月の体=>じわじわ上向く=>じわじわ進む
」=「ニ」+「||+由」:=二+臨月の妊婦=>二度目の妊娠=>再びの妊娠=>ふたたび

「冉」と「再」では「由+||」と「一」「二」が各々融合しています。要素の融合は「戈」でもありましたが、多くはありません。特別な融合体はまとめて後述します。


」=「角-ク」+「|」:=立った妊婦+垂れ流すもの=>垂れ流す妊婦=>羊水を垂らす妊婦=>羊水=>(誕生祝いの)祭礼に使う羊水=>祝いにもちいる=>もちいる
」=「マ」+「用」:=ある+羊水=>羊水がある=>保存する羊水(保存した羊水)

」(ヨウ)=「イ」+「甬」:=仕事+保存する羊水=>羊水を守る仕事=>(魔除け等の)人型の人形=>副葬人形=>ひと型
」=「木」+「甬」:=き+保存する羊水=>羊水を保存するもの=>おけ
」=「辶」+「甬」:=とおる+保存した羊水=>保存した羊水で通れる=>通過できる=>通過する=>とおる(注:「辶」の解説は後述)
」=「疒」+「甬」:=やまい+破水がある=>破水のやまい=>陣痛=>いたい

 ひとの産道口は下方を向いており、原始社会では立って木に手をくくり付け、ぶら下がる格好で子を生む(産婆が受ける)部族が報告されています。そこで「冉」=「由」+「||」に対抗して「用」=「甲」+「||」を考えてみます。すると「甲:=下に伸びるもの」の他に次の枝分かれが考えられます。
」:=「田」+「|」:=生む所+真直ぐに落ちるもの=>下に流し出すもの

 「痛」は「甬」の意味が「破水がある=>羊水がある」のもとの意味で、他の派生文字より早い時代にできたと考えられます。

 生命誕生に先駆ける羊水は、神聖なものであり、神社の通過を許される通過証であったのでしょう。

甫-丶」=「十」+「用」=男+羊水=>男子出生の羊水
」=「甫-丶」+「丶」=男子出生の羊水+特別な=>初産男子の羊水=>はじめての羊水=>始めてのもの=>はじめ


***** 開始 関連する辞書の解字 *****

「角-ク」 解字:ナシ
「角」 部首解説:これを部首にして、角の状態・製品なとに関する意を表わす文字ができている。
    解字:象形。牛や羊などの角の生え始めた形にかたどる。硬い「つの」の意。
「触」 解字:ナシ(觸の解説) 注意:説文解字にはないが、意味が解ける。

「由+||」解字:ナシ
「冉」 解字:ナシ(冉の田の中央横棒も左右に飛出した字(ゼン)の説明)
「再」 解字:会意。意符の「ゼン(即上行の字)」(ものを入れる竹籠)と、意符の一(竹籠を更に重ねるために置いた台)とから成る。もと、ものを載せる台の意。同じ竹籠を更に重ね乗せることから「ふたたび」の意に用いる。

「用」 部首解説:これを部首にしてできている文字はほとんどなく、主として、字形の上から文字整理のために設けられた。
    解字:象形。弋(くい)と何本か不ぞろいに立て横棒を渡して作った柵の形にかたどる。牧場の塀の意。借りて「もちいる」意に用いる。
:「車」の時のように甲骨文や金文は複雑に変形されています。
「甬」 解字:ナシ

「俑」(ヨウ) 解字:形声。意符の人(ひと)と、音符の甬(犠牲にする意=用)とから成る。死者を葬るときに副葬品として埋められる人形の意。
「桶」 解字:形声。意符の木(き)と、音符の甬(からっぽ、中空の意=洞)とから成る。内部を中空にした木製の容器、「おけ」の意。
「通」 解字:意符の彳(または辶。みち)と、音符の甬(つきとおる意=洞)とから成る。未知が真直ぐとおっている、「とおる」の意。
「痛」 解字:形声。意符の疒(やまい)と、音符の甬(かさの意=瘍)とから成る。突き刺されるような「いたみ」の意。

「甫-丶」 解字:ナシ
「甫」 解字:会意形声。意符の用(もちいる)と、意符と音符とをかね備える父(おのを手に持った意)とからなる。おのを手に持って仕事を使用する意。ひいて仕事の「はじめ」の意にもちいる。

***** 終了 関連する辞書の解字 *****

25tuno.gif

テーマ:漢字 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2006/08/24 07:59】 | 漢字解読2 | TRACKBACK(0) | COMMENT(2) |
<< 「序」と「車」-その24 | home | 「勹」の解読 /26 >>

コメント

益々面白くなる文字の解読ですね。
ものすごくためになります。
有難うございます。

ランキング8位でしたね。
【2006/08/28 03:46】 URL | 華文字 #-[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2006/08/28 13:39】 | #[ 編集]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

 

目次

イベント

最近の記事

最近のコメント

内容の紹介

 このブログは漢字の解読を紹介します。従来、部首はほとんど象形とされていますが、部首である「用」「角」「車」「里」「鬼」「竜」「魚」「黄」は部首「田」を含んでいます。  「田」を含む部首を「田」から派生した文字と説明しようとする探検です。

リンク

kanken.gif



samoa.gif

プロフィール

sachio43

Author:sachio43
定年後に漢字の解読を研究中
Dad.gif

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。