象形文字の秘密
漢字の解読

トップ > スポンサー広告漢字解読2 > 「一」の追求-その21

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告

「一」の追求-その21

 今回は「一」:=体 を更に追求します。「十」と同じ骨格でその構成位置が微妙に異なる「丁」とその仲間ですが、まずは辞書の内容の確認です。

「丁」 字義:くぎ、男子、力仕事の男
    解字:象形。くぎの形にかたどる。甲骨文の□、金文の?は上から、▼は横から見た形、篆文は下にひっぱった形。
「打」 字義:うつ
    解字:形声。意符の手(て)と、音符の丁(うつ意=撻)夜から成る。手でうつ意。
「町」 字義:まち。
    解字:形声。意符の田(た)と、音符の丁(ふむ意=踏)とから成る。田を踏むあぜ道の意。
「訂」 字義:ただす
    解字:形声。意符の言(ことば)と、音符の丁(公平の意=平)とから成る。公平な言葉の意。借りて「ただす」の意に用いる。
「汀」 字義:なぎさ。みづぎわ。
    解字:形声。意符の水(みず)と、音符の丁(たいらの意=平)とから成る。水際の平らな砂地の意。
「燈(灯)」 字義:ともしび。ひ。
    解字:(灯は燈の俗字で灯の解説はなし)

 「丁」は「十」に比べて「|」の位置が「一」の下にさがっています。
」=「一」+「|」:=体+男根=>男根を下げた体=>働く男=>男子/労働者=(形)=>くぎ
」=「|+二」+「丁」:=手+労働者=>手にした労働者=>たたいて導く=>たたく
」=「田」+「丁」:=生むもの+労働者=>労働者を生むもの=>労働者を生む所=>まち
」=「言」+「丁」:=ことば+労働者=>労働者の言葉=>なおす

「丁」は始め男子もしくは労働者の意味ですが、金属の利用が進み釘の形がちょうど「丁」になっていることから、後代に釘の象形とされたのでしょう。説文解字では「丁」を部首としていますが、康熙字典では部首にはなく「个」の新字体として「一」の部に解説されています。「町」は説文解字の解説を康熙字典がそのまま写しています。

」=「氵」+「丁」:=みず+労働者=>水を扱う男=>水際の男=>みずぎわ
」=「火」+「丁」:=ひ+労働者=>火を扱う男=>火を守る男=>目印の灯火=>ともしび
「汀」と「灯」は以上のように解読できるのですが、説文解字で「汀」は平偏に丁旁の解説となっています。また、「灯」は説文解字にはなく、康熙字典では「燈」に略字として添えられています。
 現存する「園丁」とか「馬丁」という言葉から「汀」「灯」という言葉の説明があっても不思議ではありませんが、どちらの辞書からも説明が得られません。


「一」:=体 が「丁」の字の中に解け込んで別の意味を獲得すると、更に「一」が加わって新たな文字ができます。「工」とその展開である「式」です。「工」にまた更に「一」が加わって「王」と成ります。「王」の派生である「玉」と「弄」も含めて、まず辞書の説明を見てみましょう。辞書の解説では「玉」の部首の仲に「王」があることに注意してください。

「工」 部首解説:これを部首にして工作・工人、ひいて仕事などの意を表わす文字ができている。
    字義:たくみ。わざ。しごと。
    解字:象形。おのの形にかたどる。おのの意。木材の工作におのを用いることから、ひいて「たくみ」などの意味に用いる。
「式」 字義:のり。てほん。かた。
    解字:形声。意符の工(しごと)と、音符の弋(しるしの意=則)とから成る。大工が寸法に従って印をつける意。ひいて、「のり」「のっとる」などの意味に用いる。
「王」 字義:かしら。きみ。
    解字:象形。おのの形にかたどる。大きなおのの意。借りて、君王の意に用いる。
「玉」 部首解説:これを部首として玉の種類・状態・製品などに関する意を表わす文字ができている。偏になると王の形となり、点が省略される。王(おう)は玉とは無関係であるが、字形が似ているところからこの部首に収める。
    字義:たま。
    解字:象形。たま(石)を三つ、紐で連結した形にかたどる。曲がった玉の連なった形から「たま」の意に用いる。
「弄」 字義:もてあそぶ
    解字:会意象形。意符の王(玉の源字。たま)と、意符と音符を兼ねる廾(両手で持つ意)とからなる。両手で玉をなでる意。


「一」:=体  を使うと「工」は意味の流れが二つ読み取れます。
」=「丁」+「一」:=労働者+体=>労働者の体=>鍛えられたもの=>磨かれた技を持つもの=>たくみ
」=「丁」+「一」:=労働者+体=>労働者の体=>鍛えられたもの=>磨かれた技=>磨かれたもの=>磨くこと=>磨く
」=「工」+「弋」:=磨からた技+くい=>磨かれたくい使いの技=>てほん=>かた
」=「工」+「一」:=磨かれた技+体=>磨かれた技の体=>最高の体=>強力な体=>おう
」=「王」+「丶」:=磨かれたもの+特別な=>特別に磨からたもの=>たま
「弄」=「王」+「廾」:=最高の体+垂れ流す=>?=>もてあそぶ

一見順調に進みましたが、ここまできて「弄」の字が解けないことが分かります。そして「玉」は「王」の部首でいいのに、なぜ辞書では「玉」の部に「王」が含まれているのかの疑問も解決していません。

」=「土」+「一」:=座る男+体=>座る男の体=>座る指導者=>指揮者=>かしら=>おう
この解釈も成立しますが「玉」の解釈には繋がりません。


 解釈を遡りどこか修正する必要があります。「十」と「士」の字の解釈を再検討しましょう(その19)。
「十」=「一」+「|」:=体+棒=>棒のある体=>男根のある体=>男根=>(一本の)棒=>はり
「士」=「十」+「一」:=男根+体=>男根の目立つ体=>青年男子

「士」の字は「十」の下に「一」が加わったと解釈していました。この解釈を変更し、逆に「逆丁」(丁の逆さま)をまず考え、それに上の横棒「一」が加わったと考えると、「一」が別の指示に近い意味となります。参考までに「逆丁」は設問解字にも康熙字典にも「上」の変形として説明されています。権威ある解説でも、現状に合わなければ無視して進みます。

「士」から「十」を決め直します。
逆丁」=「一」+「|」:=体+棒=>棒を立てた体
」=「逆丁」+「一」:=棒を立てた体+からだの部分(器官)=>男根のある体=>男根=>青年男子
」=「一」+「|」:=器官+棒=>棒である器官=>男根=>(一本の)棒=>はり

 結局、「一」は「体」の意味が変化し、体の一部、すなわち「器官」をも意味していると解釈できます。
」:=体=>体の一部=>器官


本題に戻ります。「王」の字は「工」+「一」ではなく、「士」+「一」と解釈し直します。

」=「士」+「一」:=男根+器官=>男根の先の部分=>亀頭=>男の先=>男の先頭=>おう
」=「王」+「丶」:=亀頭+特別なもの=>特にまるいもの=>たま
」=「王」+「廾」:=亀頭+垂れ流す=>亀頭が垂れ流す=>もてあそぶ

以上横棒の長さを無神経に扱っていますが、意味の上から王は最初中央の横棒が長かったと想定できます。「王」と「玉」に関しては後者の解釈が先に成立し、前者の「工」や「土」からの後付けの解釈も間違いではなく成立するということです。すっきりと解ければ、辞書の「王」「玉」の混乱ももはや取るに足りません。


teitei.gif

テーマ:ことば - ジャンル:学問・文化・芸術

【2006/08/05 00:28】 | 漢字解読2 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |
<< 「ト」の追求-その20 | home | 「|+ノ」の展開-その22 >>

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

 

目次

イベント

最近の記事

最近のコメント

内容の紹介

 このブログは漢字の解読を紹介します。従来、部首はほとんど象形とされていますが、部首である「用」「角」「車」「里」「鬼」「竜」「魚」「黄」は部首「田」を含んでいます。  「田」を含む部首を「田」から派生した文字と説明しようとする探検です。

リンク

kanken.gif



samoa.gif

プロフィール

sachio43

Author:sachio43
定年後に漢字の解読を研究中
Dad.gif

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。