象形文字の秘密
漢字の解読

トップ > スポンサー広告漢字解読4 > 日本語の助詞「は」と「が」について

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告

日本語の助詞「は」と「が」について

  日本語の助詞「は」と「が」について


 今回は番外編です。日本語の格助詞「は」と「が」の使い分けにちょっと興味を持ち、調べてみたらその解説の複雑なことにげんなりし、独断で整理しました。

 直感的に浮かんだ簡単な助詞「は」と「が」の区別を紹介します。詳細な検討は専門の方にお願いします。


1.基本の使い方

「は」は自動詞を導く助詞 ==> [主語] は [自動詞]。
「が」は他動詞を導く助詞 ==> [主語] が [他動詞]。

例: 私は(どこどこに)   座る。     私は(何々を)    渡る。
   私が(どこどこに何々を)据える。   私が(誰々に何々を)渡す。



1.2.逆の使い方は強意と考えます。

「が」が自動詞を導くときは強意 ==> [主語] が [自動詞]。
「は」が他動詞を導くときは強意 ==> [主語] は [他動詞]。


例: 私が(どこどこに)   座る。     私が(何々を)    聞く。
   私は(どこどこに何々を)据える。   私は(誰々に何々を)聞かす。


2.叙述的「は」の用法

 「は」は状態や主格補語を導く(英語のBE動詞的用法)。
 「が」はこの用法に対しても「は」に置き換わり強意となる。


例1: 花は咲く。           ==> 自動詞を導く
    花が咲く。           ==> 強意

    私は太郎だ。         ==> 主格補語を導く
    私が太郎だ。         ==> 主格補語の強意
    太郎は私だ。         ==> 倒置の強意
    太郎が私だ。         ==> 倒置の強意の強意     



例2: 象は 生き物 です。     ==> 主格補語を導く
    象が 生き物 です。      ==> 主格補語の強意
    象の鼻は 長い。        ==> 状態を導く
    象の鼻が 長い。        ==> 状態の強意

    象は 鼻が長い生き物 です。  ==> 複文
    象が 鼻は長い生き物 です。  ==> 主文の強意

     象は 鼻が長いもの です。    ==> 従文の名詞句化
    象は 鼻が長いもの。      ==> 体言止め
    象は 鼻が長い。        ==> 慣用的省略

 この例の従の「が」は「の」(体言の修飾 例:「我が家」「君が代」「千駄ヶ谷」の「ガ」)と同じで、強意ではないと説明することもできます?

 重文の場合、主従文のどちらかの主語が強意となるのが一般的で次の文は少し違和感があります。

    象は 鼻は長い動物 です。   ==> 主従文の叙述
    象が 鼻が長い動物 です。   ==> 主従文の強意


例3: あるところに御爺さんと御婆さんがおりました。==>  叙述の「は」の強意
    御婆さんは川へ洗濯に行きました。      ==>  自動詞を導く

   
例3: 僕は ウナギを 選びます。   ==> 自動詞を導く
     僕が ウナギを 選びます。   ==> 強意
    僕は ウナギを。        ==> 一般的省略
    僕が ウナギを。        ==> 一般的省略の強意
    僕は ウナギ。         ==> 体言止め(慣用的省略)
    僕が ウナギ。         ==> 体言止めの強意



 日本語の文型で「V」の省略された格助詞「は」は副助詞(前提の提示等)と考えられるようになったのではないか?

例文: 私は上の主張を直すことを認めるのは悲しいと思うのです。
    私は《私は[私は{私が(私が-上の主張を-直すこと) を認めるのは}悲しい]と思うの》です。

 日本語の S+O+V の文型で「O」が(S’+O’+V’)となる(入れ子型の)複文では重なる部分等が省略される。
 特に叙述の「は」が複文の主文の主語の時、対応する主文末の〈~です。~である。〉等が省略される。


 以上、日本語本語は文末に助動詞等が続のに対し、英語は S+V+O の文型であり「O」が(S’+O’+V’)となる複文では、重なる「S’」が省略され、最初の主語の直後に助動詞等が続く。


  ネットで探すと格助詞「が」他動詞を導くのは自然であるという内容だけ見つけることはできました。
 しかし助詞「は」自動詞を導くという内容見つけることができません。

 
以上専門の方のご意見をお待ちします。


【2011/10/15 20:21】 | 漢字解読4 | TRACKBACK(0) | COMMENT(2) |
<< 「丶」の追求   /97 | home | 漢字の音とは/98 >>

コメント

はじめまして。私の考える「は」と「が」の役割分担を書かせて頂きます。説明の都合上、「aはA」及び「aがA」という形の文の「a」を主部,「A」を述部と形式的に呼ぶことにします。

【その1】 主部aを含む具体的な集合が既に与えれている(または想定される)場合
例 {サメ,クジラ,マグロ}の中で哺乳類はどれか?という質問に対する答え
「クジラが哺乳類だ」は、クジラは質問に対する答えとして相応しく、サメとマグロには否定的です。そこで、意味は次のようだと考えられます。
   サメ・・・・弱・・・・哺乳類だ
  クジラ━━強━━哺乳類だ
  マグロ・・・・弱・・・・哺乳類だ
同じ質問に対する答え「クジラは哺乳類だ」はサメとマグロに関しては肯定も否定もしておらず、クジラについてのみ哺乳類に含まれると述べているので、意味は次のようだと考えられます。
   サメ--?--哺乳類だ
  クジラ─────哺乳類だ
  マグロ--?--哺乳類だ
【その2】主部aを含む具体的な集合は登場しておらず、いくつかのaが考えられる場合
例.生まれて初めて動物園でキリンを見た子供が「うわー、首が長い!」と言った場合、普段見る動物の首と比べて長いと言っていると受け取れます。そこで、この文の意味は次のようだと考えられます。
(犬)   首・・・・弱・・・・長い
(キリン)  首━━強━━長い
(猫)   首・・・・弱・・・・長い
例.数学の先生が授業の始めに「三角形の内角の和は180°である」と言いました。これは、どの三角形の内角の和も180°であるという主張なので、この意味は次のようだと考えられます。
(直角三角形)  三角形の内角の和─────180°である
(正三角形)   三角形の内角の和─────180°である
(鈍角三角形) 三角形の内角の和─────180°である
どのaについても言えることではないのだが、このaについてはAであるという場合は「aがA」と言います。それに対して、どのaについてもAであるという場合は「aはA」と言います。
【その3】主部aを含む具体的な集合は登場しておらず、さらに、いくつかのaも考えられない場合
例.ある暑い日に帰宅した会社員が「あー、のどが渇いた!」と言いました。これは、いつも渇いているわけではないが、今、渇いていると主張していると受け取れます。そこで、この意味は次のようになります。
  (過去)   のど・・・・弱・・・・渇いた
(今) のど━━強━━渇いた
(未来) のど・・・・弱・・・・渇いた
例.先生が理科の授業の始めに、「太陽は東から昇る」と言いました。これは、太陽はいつでも東から昇るという主張だと受け取れます。そこで、この意味は、次のようだと考えられます。
  (過去)   太陽─────東から昇る
(今) 太陽─────東から昇る
(未来) 太陽─────東から昇る
いつのaについても言えることではないのだが、このときのaについてはAであるという場合は「aがA」と言います。それに対して、いつのaについてもAであるという場合は「aはA」と言います。
使い方としては
 {マグロ,クジラ,サメ}のような集合を前提として言う→YES→【その1】
      ↓
      NO
      ↓
 いつでも(どんな場面でも)a-A →YES→aはA
      ↓
      NO→aがA
で良いと思っています。長く書いてすみません。  
【2014/08/26 09:59】 URL | KO #-[ 編集]
はじめまして。「は」と「が」を言葉と言葉を結びつける記号と見なし意味を考えたものがあるので紹介させて下さい。「aはA」及び「aがA」という形の文の「a」を主部,「A」を述部と形式的に呼ぶことにします。

【その1】 主部aを含む具体的な集合が既に与えれている(または想定される)場合
例 {サメ,クジラ}の中で哺乳類はどれか?という質問に対する答え「クジラが哺乳類だ」は、クジラは質問に対する答えとして相応しく、サメとマグロには否定的です。
 意味:サメ・・・・弱・・・・哺乳類だ クジラ━━強━━哺乳類だ
同じ質問に対する答え「クジラは哺乳類だ」はサメに関しては肯定も否定もしておらず、クジラについてのみ述べています。
 意味:サメ─?─哺乳類だ クジラ───哺乳類だ
【その2】主部aを含む具体的な集合は登場しておらず、いくつかの(いくつかの場合の)aが考えられる場合
例.生まれて初めて動物園でキリンを見た子供が「うわー、首が長い!」と言った場合、普段見る動物の首と比べて長いと言っていると受け取れます。
 意味:(普通の動物)首・・弱・・長い (キリン)首━強━長い
例.数学の先生が授業の始めに「三角形の内角の和は180°である」と言いました。これは、どの三角形の内角の和も180°だという主張だと考えられます。
 意味:(全ての三角形) 三角形の内角の和───180°である
どのaについても言えることではないのだが、このaについてはAであるという場合は「aがA」と言います。それに対して、どのaについてもAであるという場合は「aはA」と言います。
【その3】主部aを含む具体的な集合は登場しておらず、さらに、いくつかの(いくつかの場合の)aも考えられない場合
例.ある暑い日に帰宅した会社員が「あー、のどが渇いた!」と言いました。これは、いつも渇いているわけではないが、今、渇いていると主張していると受け取れます。
 意味:(普段)のど・・弱・・渇いた (今) のど━強━渇いた
例.先生が理科の授業の始めに、「太陽は東から昇る」と言いました。これは、太陽はいつでも東から昇るという主張だと受け取れます。
 意味: (いつでも)太陽──東から昇る
いつのaについても言えることではないのだが、このときのaについてはAであるという場合は「aがA」と言います。それに対して、いつのaについてもAであるという場合は「aはA」と言います。長くなりました。ごめんなさい。
【2014/09/14 18:48】 URL | KO #Kl8PQCoQ[ 編集]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

 

目次

イベント

最近の記事

最近のコメント

内容の紹介

 このブログは漢字の解読を紹介します。従来、部首はほとんど象形とされていますが、部首である「用」「角」「車」「里」「鬼」「竜」「魚」「黄」は部首「田」を含んでいます。  「田」を含む部首を「田」から派生した文字と説明しようとする探検です。

リンク

kanken.gif



samoa.gif

プロフィール

sachio43

Author:sachio43
定年後に漢字の解読を研究中
Dad.gif

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。