象形文字の秘密
漢字の解読

トップ > 2013年05月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告

基本部首の成長:象形「|(男性器)」の派生木/103

基本部首の成長:象形「|(男性器)」の派生木/第103回

 予定では「|(男性器)」【象形】の派生木に「▽(女性器)」の派生木を含めた全体の部首木を紹介する予定でしたが、始めてみると量が膨れ上がっまい、「▽(女性器)」の派生木とで得られる新しい複合語は少しずつ紹介することにします。

 今回は「|(男性器)」と派生部首による派生木の紹介です。ただし、「|(男性器)」と派生部首との複合語は本来派生木には含まれませんが、「▽(女性器)」の紹介の時と同じように加えます。


Ⅳ.象形部首の部首一族

(2).「|(男性器)」の派生木(紹介済みの派生語同士による複合語を含む)

「|(男性器)」:=男性器⇒素晴らしいもの/男[|1]
「|(男性器)」:=男性器⇒生えているもの/棒状のもの⇒棒[|2]

├「ト」【加点】=「|+丶」:=男性器+準ずるもの⇒男性器に準ずるもの
||         ⇒小枝⇒棒[ト1][⇔(外-夕)][⇔⺊]
|└「臼-一」【対反】=「(ノ+ト)x2」⇒特別な二本棒⇒対の(子供の)腕⇒両腕
├「ト」【指示】=「|+丶」:=男性器+その男性器⇒男性器そのもの[ト2]

├「外-夕」【加線】=「|+逆/」:=男性器/男+取り除く⇒除く男 [⇔派生部首]

├「光-兀」【対反】=「|+(丶x2)」:=立てた男性器+強調指示
|          ⇒股間に立つあの男性器⇒素晴らしもの⇒輝くもの[⇔「不」]

├「十」【加数】=「|+一」:=男性器+ひとつ⇒一本の男性器⇒一人の男
||         ⇒成人男子⇒男⇒九(=完成された女)を超えるもの[父系制]
||         ⇒じゅう[十1]
|├「寸」【加点】=「十+丶」:=男+その特性⇒男の役割⇒皆を守る⇒まもる
||         ⇒男子のちよっとした仕事⇒ちょっとしたもの⇒わずか
|├「卞」【指示】=「十+丶」:=男性器+その器官⇒男の性器⇒せっかちなもの
||         ⇒ありあわせのもの⇒ありあわせの布冠
|├「求-丶」【対反】=「十+(氺-|)」⇒男+少し垂れ流す
|||        ⇒少し垂れ流す男⇒優れた男⇒優れたもの
||└「求」【加点】=「(求-丶)+丶」:=少し垂れ流す男+準ずるもの
||         ⇒少し垂れ流すに準ずる男⇒優れた男⇒求める男⇒求める
|├「才」【加ノ】=「十+ノ」:=男+特別な⇒特別な男⇒知恵のある男⇒ちえ
|└「⺾」【重複】=「十x2」:=男x2⇒男達⇒くさ[「艸」の省略形と混同]
| └「莍」=「⺾+求」:=草+求めるもの⇒求める草⇒サンショ
├「十」【加数】=「|+一」:=棒+ひとつ⇒一本の棒⇒棒[十2]
|└「⺊」【部分】:=小さな棒⇒小枝⇒うらなう棒⇒うらなう
| ├「足―口」【重複(段違い)】:=二本の小枝⇒両足⇒足⇒ひき[計数単位]
| |└「定―宀」【加数】=「(足―口)+一」:=両足+一つ⇒一人の男⇒男 
| └「止」【重複/一方が回転】:=一方を横にした足⇒止まった足⇒とまる
|  └「芷」=「⺾+止」:=草+とまる⇒立ち止まらせる草⇒ヨロイグサ
├「十」【加数】=「|+一」:=生えているもの+ひとつ
||          ⇒ひとつの生えてたもの[十3]
|└「千」【加ノ】=「十+ノ」:=生えているもの+特別なもの
| |         ⇒特別に生えているもの⇒頭に生えているもの⇒髪毛⇒無数
| └「芊」=「⺾+千」:=くさ+むすう⇒無数の草⇒草の茂み

├「扌」【加数】=「|+二」:=棒+ふたつ⇒二本の棒⇒両腕⇒腕
||          ⇒手中のもの⇒手に入れる⇒所有物
|├「手」【加ノ】=「扌+ノ」:=腕+特別な⇒腕の特別な所⇒掌⇒て
|├「牛」【加ノ】=「扌+ノ」:=二本の棒+特別なもの
|||       ⇒特別な二本の角を持つもの⇒うし
||└「犇」【重複】=「牛x3」:=たくさんの牛⇒ひしめく
|└「乍-(乞-乙)」【部分】=「扌の右半分」:=片腕/幼稚な腕⇒ぎこちないもの
||└「印-卩」【加ノ】=「(乍-(乞-乙))+ノ」:=片腕+特別な
|| |      ⇒特別な片腕⇒所有する男の腕
|| ├「叟-|-又」【対反】=「(印-卩)x2」:=片腕x2⇒両腕
|| |└「叟-又」=「(叟-|-又)+|」:=両腕+棒⇒両腕に持った棒
|| └「段-殳」【加ノ】=「(印-卩)+ノ」:=腕+特別な⇒特別な腕
||        ⇒技術を持つ腕
|├「扑」=「扌+ト」:=手に持つ+小枝⇒手にした小枝⇒むち⇒むちうつ⇒たたく
|├「抃」=「扌+卞」:=手+せっかちなもの⇒落ち着かない手⇒両手を細かく打つ
|├「捄」=「扌+求」:=所有する+求めるもの⇒求めるものを所有する⇒収集する
|└「扯」=「扌+止」:=手+止める⇒手で止める⇒引き留める⇒ひく

├「氺」【加数】=「(氺―|)+|」:=ほんのちょっと+垂れ流す男
|             ⇒ちょっと垂れ流す男⇒優れた男

├「丰」【加数】=「|+三」:=男+たくさん⇒たくさんの男達[丰1]
|└「丰」【加数】=「|+三」:=棒+たくさん⇒たくさんの棒[丰2]
| ├「非」【分離】=(「|+三」):=三本の棒を二分する⇒できない⇒認めない
| |           ⇒退ける⇒だめ⇒いけない[非1]
| └「非」【分離】=(「|+三」):=たくさんの棒を分けたもの
| |           ⇒左右の棒束⇒木戸⇒扉[非2]
|  └「排」=「扌+非」:=手+扉⇒手で扱う扉⇒扉を押し開く/押しやる⇒開く

├「丁」【加数】=「|+一」:=男+一番目⇒第一種の男⇒仕事のできる男
||            ⇒働く男⇒労働者[丁1]
|├「下」【指示】=「丁+丶」:=働く男+その下げた男性器⇒下向きのもの⇒した
|├「斤」=「(斤-丁)+丁」:=反り返る+働く男⇒反り返る軍師
||            ⇒威張った軍師/威張ったもの⇒軍師[斤1]
|├「斤」=「(斤-丁)+丁」:=反り返る+働く男⇒反り返るもの
||            ⇒反った道具⇒おの[斤2]
||├「斥」【加線】=「斤+丶」:=威張った軍師+取り除く⇒威張った男を取り除く
||||          ⇒男を処分する⇒退ける
|||└「拆」=「扌+斥」:=手+退ける⇒手で退ける⇒打ち裂く⇒打ち開く
||├「斦」【重複】=「斤x2」:=おのx2⇒二つの斧を合わせた刑具⇒胴切り刑具
||├「芹」=「⺾+斤」:=草+反り返るもの⇒反り返る草⇒葉が横にはう草⇒セリ
||└「折」=手+反り返る⇒手で反り返らせる⇒おれる⇒おる
|├「打」=「扌+丁」:=所有物+働く男⇒所有する働く男⇒たたいて使う⇒たたく
|├「亍」【加数】=「|+二」:=男+ふたり⇒二人で働く男達[亍1]
|├「丄」【逆転】:=立てた男性器⇒上向きにたつもの⇒うえ[丄1]
||└「上」【指示】=「丄+丶」:=立てた男性器+その男性器⇒上向きのもの⇒うえ
|└「亠」【部分】:⇒立てた男性器を女が覆い隠す⇒覆い隠す⇒覆う/隠す

├「工」【加数】=「|+二」:=男+二番目⇒第二種の男⇒ものを作る男/巧みな男
|             ⇒職人/もの作り
|├「左」=「ナ+エ」:=衣+職人⇒衣を着た職人/技術者⇒左縛りの衣⇒ひだり
|├「式」=「弋+工」:=くい+巧みなもの⇒巧みなくい使い⇒手本となる用法⇒かた⇒プロセス
||└「拭」=「扌+式」:=て+プロセス⇒手のプロセス⇒手洗い⇒手をあらってふく⇒ふく
|└「扛」=「扌+工」:=所有物+職人⇒所有する職人⇒位を上げる⇒あげる

├「王」【加数】=「|+三」:=男+三番目⇒第三種の男⇒石を磨くもの
||            ⇒研磨士/磨いたもの⇒素晴らしい玉
||            ⇒素晴らしもの⇒おう[父兄社会]
|├「玉」【指示】=「王+丶」:=研磨士+その磨いたもの⇒研磨士の磨いたもの
||            ⇒たま
||└「珏」」=「王+玉」:=玉+玉⇒二つの玉⇒一対の玉
|└「球」=「王+求」:=研磨士+求める⇒研磨士に求めるもの⇒丸い玉⇒まるい
|├「玎」=「王+丁」:=研磨士+仕事⇒研磨士の仕事⇒玉を磨く⇒玉の当たる音
|└「抂」=「扌+王」:=腕+研磨士⇒研磨士の腕⇒ぎこちない腕
|             ⇒無理に曲げた腕⇒無理に曲げる

├「イ」【加ノ】=「|+ノ」:=男+特別な⇒特別な男⇒仕事を持つ男⇒男仕事
||            ⇒男性的仕事⇒男性的なもの⇒男の特徴
|├「仁」【加数】=「イ+二」:=働く男+二番目⇒二番目の働く男⇒副指揮官
||            ⇒優れた男⇒気配りする男⇒気配りできるもの
|├「仨」【加数】=「イ+三」:=働く男⇒三人で働く男⇒三人⇒さん
|├「彳」【加ノ】=「イ+ノ」:=男の仕事+特別な⇒特別な男仕事
|||           ⇒部族間の仕事⇒部族間の往来
||├「行」=「彳+亍」:=部族間の往来+二人で働く男達
||||          ⇒二人で往来する部族間の仕事⇒部族間の往来⇒ゆく
|||└「珩」=「王+行」:=宝石+部族間の往来者
|||           ⇒部族間で通過証となる宝石⇒通過証の(代用の)紐
||├「徘」=「彳+非」:=部族間の往来+いけない⇒部族間の往来でだめなこと
|||           ⇒寄り道⇒さまよう
||└「彺」=「彳+王」:=部族間の往来+研磨士⇒研磨士の部族間の往来
||           ⇒急に立つ⇒急いでゆく
|├「少-八」【逆転】:=仕事のない男⇒無職の男⇒巷の男
||├「卬-卩」【加ノ】=「(少-八)+ノ」:=仕事のない男+特別な
|||          ⇒仕事のない特別扱いの男
||├「卬」=「(少-八+ノ)+卩」:=仕事のない特別扱いの男+垂れ流すもの
||||      ⇒地位の高い垂れ流す男⇒地位の高い普通の男⇒位の高いもの
|||└「卯-卩」=「(卬-卩)+丿」:=特に仕事を持たない男+垂れ流すもの
||| └「卯」=「(卬+丿)+卩」:=地位の高い普通の男+垂れ流すもの⇒垂れ流す高貴の男
|||  |    ⇒嫌われるオス[男根の象形に似せている]
|||  └「卵」【強調】=「卯+丶x2」:=男性器の二つの玉⇒睾丸
|||        ⇒垂れ流す無職の特別男⇒貴族の男
||└「収-又」【加線】=「(少-ハ)+|」:=無職の男+垂れ流す
||           ⇒垂れ流すだけの男
|├「仆」=「イ+(外-夕)」:=男仕事+排除する男⇒男を排除する男仕事
||           ⇒排除する男をたおす⇒たおす[仆1]
|├「仆」=「イ+(外-夕)」:=男の仕事+棒⇒棒を作る男の仕事
||           ⇒木をたおす⇒たおす[仆2]
|├「俅」=「イ+求」:=男の仕事+求める男⇒求める男を探す仕事
||           ⇒身をかがめて相手を勧誘する⇒身を丸めるてかしこまる
|├「什」=「イ+十」:=働く男+十人⇒十人単位の男仕事⇒十人一組
|├「付」=「イ+寸」:=男仕事+まもる⇒守る男仕事⇒ボディガード
||           ⇒要人につく⇒つく
||├「苻」=「⺾+付」:=草+付く⇒茎の吸根で絡み付く草⇒ヒヨドリジョウゴ
||└「拊」=「扌+付」:=手+つく⇒手を付ける⇒ポンポンと手を付ける
|├「仃」=「イ+丁」:=男仕事+働く男⇒一人で働く男⇒孤独な仕事
|├「伒」=「イ+斤」:=男仕事+反り返る男⇒反り返る男に仕える男⇒傍で助ける
|├「仼」=「イ+王」:=男の仕事+石を磨くもの⇒玉の研磨仕事
||          ⇒せっせとする仕事⇒急ぐ仕事⇒急いでやる⇒急いでゆく
|├「件」=「イ+牛」:=男の仕事+牛⇒牛の世話⇒一頭毎の重要な男仕事
||          ⇒一頭毎に区別する処理⇒区別された処理⇒くべつ
|└「俳」=「イ+非」:=男仕事+いけない⇒駄目な男仕事⇒言葉を扱う仕事
|           ⇒漫才師/役者

├「||」【重複】=「|x2」:=二本の棒⇒両足/両手⇒立ち上がるもの⇒たつ[||1]
├「||」【重複】=「|x2」:=特に素晴らしいもの⇒極上のもの[||2]
├「业-ソ」=「||+一」:=最高のもの+体⇒最高の体⇒最高のもの
|└「业」【対反】=「(业-ソ)+(丶x2)」:=最高のもの+そのたくさん伸びたもの
|           ⇒たくさんの最高のもの達⇒極上のもの達

├「刂」【重複】=「|」x2:=大小の棒⇒二本のかたな⇒刀で切る⇒処刑する⇒きる
|├「刈」=「乄+刂」:=取り除く+刀で切る⇒刀で取り除く⇒かりとる⇒かる
|└「剕」=「非+刂」:=認めない+処刑する⇒認めない処刑⇒足切の刑

└「廾-一」=「丿+|」:=垂れ流す+男⇒垂れ流す男⇒垂れ流す[(廾-一)2]
 ├「廾」【加数】=「(廾-一)+一」:=垂れ流す男+ひとり⇒垂れ流すもの
 || ⇒垂れ流す[廾2]
 |├「升」【加ノ】=「ノ+廾」:=特別に+垂れ流す男⇒特別に垂れ流す男
 |||     ⇒酒を飲んで垂れ流すもの⇒酒⇒しょう[計量単位]
 ||└「抍」=「扌+升」:=所有物+酒を飲んで垂れ流す男
 ||      ⇒呑み助⇒酒で救う⇒すくう
 |└「弄」=「王+廾」:=研磨士+垂れ流す男⇒垂れ流す研磨士
 | |     ⇒石を弄ぶ⇒もてあそぶ
 | └「挵」=「扌+弄」:=手+弄ぶ⇒手で弄ぶ⇒もてあそぶ
 ├「井」【加数】=「二+(廾-一)」:=ふたり+垂れ流す男⇒二人の垂れ流す男子
 ||      ⇒囲って育てる⇒かこう⇒井戸の口⇒いど
 |└「丼」【加点】=「井+丶」:=いど+指示⇒水音⇒ドン[音]
 └「亦-ハ」=「亠+(廾-一)」:=隠す+垂れ流す男⇒垂れ流しを隠す男
  |     ⇒又隠しをした垂れ流す男
  └「亦」【強調】=「(亦-ハ)+ハ」:=又隠しをした男+その隠した所
   |   ⇒垂れ流す男の隠した股/張り出したもの
   |   ⇒無用に隠したもの⇒無用なこと
   └「弈」=「亦+廾」=無用なこと+垂れ流す男⇒垂れ流す男に無用なもの
       ⇒賭け事/勝負事
スポンサーサイト
【2013/05/06 16:46】 | 漢字解読5 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |
<< | home | >>

 

目次

イベント

最近の記事

最近のコメント

内容の紹介

 このブログは漢字の解読を紹介します。従来、部首はほとんど象形とされていますが、部首である「用」「角」「車」「里」「鬼」「竜」「魚」「黄」は部首「田」を含んでいます。  「田」を含む部首を「田」から派生した文字と説明しようとする探検です。

リンク

kanken.gif



samoa.gif

プロフィール

sachio43

Author:sachio43
定年後に漢字の解読を研究中
Dad.gif

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。