象形文字の秘密
漢字の解読

トップ > 2010年09月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告

「女」の追求14 「又」の解読-その3/90

 今回は「又」の派生文字の続きです。「夂」を予定していましたが、都合上「又」の残りを先に終えます。


1.「殳」の解読とその派生文字

 辞書で部首「殳」は手の動作もしくは動詞の記号であると解説されています。「殳」の意味は二つに分岐しています。

」=「乙」+「|+ノ」:=乙女+紐(衣)=>飾紐(地位の象徴)の女=>女首領=>指揮する女=>一般の女=>?=>肘掛(再掲。cf.18)
」=「▽」+「Λ」:=女+立ち上がるもの=>立ち上がる女=>仕事をする女=>仕事=>定職=>つづける(再掲。cf.88)

」=「几」+「又」:=女統領+仕事=>女統領の仕事=>決断のいる重要な仕事=>仕事の管理/仕事をするものたちのリーダ=>仕事=>処理
」=「几」+「又」:=女統領+仕事=>女統領の重要で決断のいる仕事=>(戦の開始で)ほこを立てる決断=>たてほこ

」=「示」+「殳」:=神事+女頭領の仕事=>仕事の成就祈願=>祈願ののぼり=>お祓いを付けたやり=>お祓いの付いた立てほこ(「示」cf.61)
」=「言」+「殳」:=言葉+女頭領の仕事=>伝達の会を開く=>会をもうける=>もうける(「言」cf.39)
」=「サ」+「殳」:=男達+女領主の仕事=>男達に対処する=>賊などを平定する=>悪人を狩る=>草を刈る=>かる(「サ」cf.62)
」=「彳」+「殳」=部族間の男の仕事+女頭領の仕事=>部族間の大役を男にさせる=>男に大役を任せる=>働かせる(「彳」cf.54)
」=「疒」+「殳」:=やまい+女領主の仕事=>流行病への対処=>流行病(「疒」cf.64)
」=「區」+「殳」:=(女頭領の影に)隠れた女達+女頭領の仕事=>仕える女達の管理=>叱ってなぐる=>なぐる(「區」cf.43)
」=「扌」+「殳」:=手+女頭領の仕事=>女頭領が自ら手を下す仕事=>(不要なものを)投げ捨てる=>なげる(「扌」cf.13)

 「投」に関してですが、女は子を育てる使命から現実的で何でも貯め込む習性が強いようです。部族の共有物を捨てるにも決断が必要だったのでしょう。
 後に示す」「歿」や「沒」との関連で、亡くなった前女頭領の遺体を川に投げて水葬とする意味とも取れます。

」=「豕」+「殳」:=四足の体+女頭領の仕事=>ぶたの管理=>ぶた(「豕」cf.28)
毅-殳」=「立-一」+「豕」:=(隠す+正面)+四足の体=>前を隠し手を付いて歩く獣のような男=>どう猛な男(「立-一」cf.81)
」=「毅-殳」+「殳」:=どう猛な男+女頭領の仕事=>どう猛な男の管理=>どう猛な男=>たけし

」=(「白」+「勹」)+「殳」:=(指揮官+男)+女頭領の仕事=>男の指揮官を管理する仕事=>男の指揮官=>さかんなもの(「白」cf.45,「勹」cf.26)
」=「高」+「殳」:=体を伸ばす+女頭領の仕事=>女頭領が身を伸ばしてする仕事=>召集の合図=>鳴り物をたたく=>たたく(「高」cf.81)
」=「骨」+「殳」:=ほね+女頭領の仕事=>骨製品の管理=>(占い用?の)さいころ(「骨」cf.63)

」=「者」+「殳」:=引退した女頭領+女頭領の仕事=>隠居場所を造る=>塀を築く=>きずく(「者」cf.)

」=「羊」+「殳」:=ひつじ+重要なもの=>重要な羊=>黒羊(「羊」cf.77)
」=「月」+「殳」:=からだ+重要な所=>体で重要な所=>こかん=>また(「月」cf.45)


 「没」は康煕字典に見当たらず正確には旁は「殳」ではないようですが、この項で一緒に解説します。

歿」=「歹」+「殳」:=女頭領の死+(次の)女頭領の仕事=>女頭領の葬儀=>葬儀(「歹」cf.42)
」=「沒-氵」=(「刀」もしくは「ノ+┐」)+「又」:=男+仕事=>男の仕事=>川で水葬にする=>遺体を沈める=>しずむ

 「歿」には「又」の上が「几」の型と「ノ+┐:=衣を着た男=>貴族の男」の型があります。「几」ではその仕事を取り仕切る女頭領を、「ノ+┐」ではその仕事を遂行する貴族の男を表現してるようです。

 康煕字典で「歹」の項には「歿」が見出し字で古文は「沒」と、「氵」の項には「沒」が見出しで古文は「歹殳」と反対に記され混乱しています。

 「歹:=前女頭領の死」と「殳:=新女頭領の仕事」から現在の意味「歹殳:=前頭領の埋葬の儀=>前頭領の死=>死」となるようです。


殿-殳」=「尸」+「共」=>(しりのような)つまらないやつ+共に働く男達=>共に働く男共(「尸 」cf.42、「共」cf.62)
殿」=「殿-殳」+「殳」:=共に働く男共+女頭領の仕事=>共に働く男共の管理=>男達の管理=>男達の代表/とのさま=>皆の後尾を見張るもの=>最後のもの=>底のもの
」=「殿」+「月」:=最後の所+体=>からだの最後の部分=>しり(「月」cf.45)
」=「殿」+「肉」:=最後の所+にく=>最後の肉>尻の肉=>尻肉(「肉」cf.55)
」=「殿」+「土」:=底のもの+土=>下の土=>建物の基礎(「土」cf.19)
」=「氵」+「殿」:=みず+そこのもの=>ものが沈み溜まった所=>よどんだ所=>よどむ/おり


」=「舟」+「殳」:=ふね+女領主の仕事=>舟で荷物を運ばせる仕事=>巡る船に運ぶ荷を割り当てる=>舟荷を巡らせる=>(平らに)広くめぐる=>めぐる(「舟」cf.69)
」=「扌」+「般」:=手+巡らせる=>手で荷物を運びまわる=>手で持ちはこぶ=>はこぶ=>うつす(「扌」cf.12)
」=「般」+「女」:=広く巡る+女=>現場を視察する女=>年季の入った女=>ゆとりのある女=>のびやか/ゆたか(「女」cf.76,88)
」=「般」+「革」:=めぐる+革=>(腰を)巡る革=>革の大帯(「革」cf.42)
」=「般」+「巾」:=めぐる+布=>体を巡る布=>ズキン(「巾」cf.34)
」=「般」+「皿」:=平らで広いもの+さら=>平たく広い皿=>おおざら(「皿」cf.48)
」=「般」+「虫」:=平らで広いもの+虫=>体の平らな虫=>ハンミョウ(「虫」cf.38)
」=「般」+「石」:=平らで広いもの+石=>平らに広がる石=>ばんせき(「石」cf.54)
」=「般」+「木」:=平らで広いもの+き=>平たい木の皿=>平皿/平鉢(「木」cf.59)
」=「疒」+「般」:=やまい+平らで広いもの=>平らで広い傷跡=>広がったしみ=>しみ(「疒」cf.23)
」=「區」+「殳」:=>たくさんの女達+女頭領の仕事=>女達を躾ける=>たたいてしつける=>たたく=>なぐる(「區」cf.43)


 「医」の「匚:=後ろに口が開くもの」は「コ」「冂」「凵」の三種がある特異なる部首です(cf.31~35)。

 第54回で紹介した「医」は「矢」からの解読を示しますが、「矢」の解読に誤りがありましたのでここで訂正します。

矢-ノ」=「一」+「大」:=部分+大きな男根=>男根の上のもの=>射精=>飛び出すもの
」=「ノ」+「一+大」:=特別なもの+飛び出すもの=>特に飛び出すもの=>弓の矢=>や

」=「匚」+「矢」:=後方に口がひらくもの+や=>食い込んだ矢=>体から矢を引き出す=>治療する=>元にもどす=>なおす(「匚」cf.31,「矢」cf.54)
」=「医」+「殳」:=治療する+女領主の仕事=>治療する仕事=>なおす
」=「殹」+「酉」:=なおす+さけ=>酒による消毒治療=>なおす
」=「殹」+「巫」:=なおす+男を従えた男のみこ=>皆で祈り治療する=>祈祷による治療=>いやす(「巫」cf.55)
」=「殹」+「糸」:=なおす+いと=>糸(で縛り止血する)治療=>縛るだけ=>だけ/ただ(「糸」cf.49)
」=「殹」+「鳥」:=治療+鳳凰=>(超能力的な)鳳凰信仰による治癒祈願=>鳳凰類=>?=>かもめ(「鳥」cf.61)
」=「殹」+「目」:=治療+素晴らしい頭領=>頭領の(痛いの痛いの飛んでゆけ的な)治癒祈願=>なおす(「目」cf.48)
」=「殹」+「羽」:=なおす+はね=>(痛みを飛ばす)羽による治療=>痛みを軽くする=>羽で覆う=>(貴人を)羽の扇でおおう=>羽の扇(「羽」cf.81)
」=>虫+羽で治す=>羽で治す虫=>(毛虫を)麻酔で眠らせる虫=>ジガバチ(「虫」cf.38)


 現在「声」と省略されたいるもとの文字「聲」を「眉-目」から解読します。

眉-目」=「ノ(左はね縦棒)」+「日(横型)」:=たれ下がるもの+女性器=>女性器に垂れ下がるもの=>女の陰毛(「ノ(左はね縦棒)」cf.87,「日」cf.45)
」=「士」+「眉-目」:=男の性器+垂れ下がるもの=>男の性器に垂れ下がるもの=>男の陰毛(「士」cf.19)
」=「声」+「殳」:=男の陰毛+女頭領の仕事=>男の陰毛(去勢)に関する女頭領の仕事=>去勢させる仕事=>大声で叫ぶ男=>響き渡るおおごえ=>叫びごえ=>こえ

 「殸」だけでは脱毛か割礼か去勢かははっきりしませんが、「罄:=むなしい」との関連で去勢を意味すると考えられます。

」=「殸」+「耳」:=叫び声+みみ=>耳に応える大声=>大声=>こえ(「耳」cf.48)
」=「殸」+「缶」:=去勢の仕事+若者の突き出すもの=>去勢された突き出すもの(若者)=>むなしい体=>むなしい(「缶」cf.54)
「磬=「殸」+「石」:=男の叫び+石=>つるした石をたたいた音で知らせる=>石をつるしてたたく楽器=>うちいし(「石」cf.54)
」=「殸」+「言」:=叫び声+言葉=>高く響く言葉=>せきばらい(「言」cf.39)
」=「殸」+「香」:=叫び声のようなもの+かおり=>突き刺すようなかおり=>かおり(「香」cf.47)



2.「圣」の解読とその派生文字

 「圣」は[土]の最初の「おとな」の意味に由来する「支える」意味と「つち」に由来する「ほる」の意味の両者があります。

」=「十」+「一」:=男+体=>男の体=>男/ひと=>座り込む体=>座る所=>地面=>つち (再掲。cf.31)

」=「又」+「土」:=仕事+男=>男の仕事=>ささえる仕事=>ささえる(「土」cf.19)
」=「又」+「土」:=仕事+つち=>つちの仕事=>ほる仕事=>ほる(「土」cf.19)
」=「忄」+「圣」:=感覚+男の仕事=>仕事をする男を見た感じ=>見慣れないもの=>あやしい(「忄」cf.73)
」=「彳」+「圣」:=部族間の仕事+男の仕事=>部族間の男の仕事=>部族間の道を作る=>道を作る=>みち(「彳」cf.54)
」=「糸」+「圣」:=いと+男の仕事=>糸を使う男の仕事=>とじる仕事=>続く綴じ目=>たてに続く糸=>縦糸/とじられたもの(「糸」cf.49)
」=「車」+「圣」:=くるま+男の仕事=>車を使う男の仕事=>軽くなる仕事=>かるい(「車」cf.24)

」=「サ」+「圣」:=男達+ささえる=>ささえる男仕事=>(花を)ささえるもの=>くき(「サ」cf.62)
」=「圣」+「頁」:=ささえる+堅い頭=>頭を支えるもの=>くび(「頁」cf.60)



3.「攴」の解読とその派生文字


 康煕字典で「攴」部は「攵」(後述)を含んでいますが、両者は全く異なる由来で意味も異なります。

 「攴:=占棒の仕事」は次項で紹介する「支:=男の仕事/棒を使う仕事」と異なります。しかし、「棒」という意味が共通するため途中で混乱したと考えられます。

」=「十の右半分」:=半分になった棒=>裂いた小枝=>占い棒=>占う=>恐ろしいもの(少し修正。cf.20,54)
」=「ト」+「又」:=小枝/占う棒+仕事=>小枝を使う仕事/占う仕事=>占い棒を台上でトントンと揃える=>たたく

鼔-攴」=「士」+「口」+「ソ+一」:=種馬の男+ひと+正面=>男のひとの前(再掲。cf.47)
」=「鼔-攴」+「攴」:=男の前+占う仕事=>男の前で占う=>男を占う=>ふるいたたせる=>鼓舞する=>つづみを打つ=>つづみ
」=「叕」+「攴」:=女全員で行う+占う=>女全員で占う=>全体からお告げを推測する=>おしはかる=>重さを手ではかる(「叕」cf.88)

」=「宀」+「元」+「攴」:=いえ+元気な子供+小枝=>家の中で小枝を持つ元気な子=>引っ掻き回す=>あだとなる=>あだ(「宀」cf.31,「元」cf.19)

」=「奇」+「攴」:=(大きくてよい)まれな男根+棒の仕事=>まれな男根の利用=>かたむいた男根=>かたむく(「奇」cf.48)
」=「高」+「攴」:=背を伸ばしたひと+小枝の仕事=>(通信用の)太鼓をたたくひと=>たたく(「高」cf.81)
」=「區」+「攴」:=たくさんの女+小枝を持つもの=>棒(=教鞭)を持つもの=>やしない育てる=>(できの悪いものを)棒で追い払う=>追い払う=>はらう(「區」cf.43)
」=「喬」+「攴」:=横に伸びたもの+小枝=>小枝を紐で横につないだすまき=>紐で横につなぐ(「喬」cf.40)



4.「支」の解読とその派生文字

 第37回で紹介した「十」を正確に二つの意味の流れに分けて修正します。

」=「」+「一」:=男根+一=>一本の男根=>男根の体=>男=>じゅう(「九:=女」に対抗する)(修正。cf.37 )
」=「」+「一」:=男根+一=>一本の男根=>一本の棒=>棒

 「支」は「十」の意味にそって大きく二つの意味に枝分かれしています。

」=「十」+「又」:=男+仕事=>男の仕事=>ささえる仕事=>ささえるもの/補助的なもの=>ささえられたもの
」:=「十」+「又」:=ぼう+仕事=>ぼうを作る仕事=>枝分かれを裂く仕事=>えだわかれしたもの=>えだわかれ

」=「イ」+「支」:=男+ささえる=>手助けになる男=>わざを持つもの=>わざ(「イ」cf.54)
」=「月」+「支」:=からだ+ささえる=>体をささえるもの=>あし(「月」cf.45)
」=「扌」+「支」:=て+ささえる=>手で支える=>巧みな手=>わざ(「扌」cf.12)
」=「广」+「技」:=仮小屋+わざ=>仮小屋を支えるわざ=>斜めに張る横木=>よこぎ(「广」cf.23)
」=「女」+「支」:=おんな+ささえるもの=>ささえる女=>補助的な女=>うたいめ「女」cf.76)
」=「虫」+「支」:=虫+ささえるもの=>(長い足で)体を支える蜘蛛の一種(「虫」cf.38)

」=「豆」+「支」:=まめ+補助的なもの=>(穀類に対する)豆で作る補助的な食べ物=>みそ(「豆」cf.60)
」=「口」+「支」:=くち+補助的なもの=>補助的な言葉=>音を真似た言葉=>擬音語(「口」cf.37)

」=「山」+「支」:=やま+えだわかれ=>山の枝分かれ=>えだみち(「山」cf.33)
」=「木」+「支」:=き+えだわかれ=>木の枝分かれ=>えだ(「木」cf.59)
」=「忄」+「支」:=感覚+えだわかれ=>引っかかる感覚=>ねたむ(「忄」cf.73)
」=「止」+「支」:=とまる+えだわかれ=>分かれ道で止まる=>分かれ道(「止20」cf.)
」=「士+口+ソ+一」+「支」:=男の正面+ぼうをもつ仕事=>正面でぼうを持つ仕事=>太鼓を打つもの=>たいこ=>つづみ(「喜」cf.47)
」=「立」+「支」:=たったもの+ささえられたもの=>ささえられて立つもの=>つっかえで保たれるもの=>たなのもの(「立」cf.81)
」=「足」+「支」:=あし+枝分かれしたもの=>あしの指が枝分かれする=>爪先立つ(その他の意:枝分かれの多い六本指の六つ指の足)(「足」cf.41)
」=「支」+「羽」:=えだわかれ+はね=>えだわかれのある羽=>筋の見える蝉やトンボの羽=>虫の羽=>はね(「羽」cf.81)
」=「支」+「鳥」:=えだわかれ+とり=>(くちばしが)枝分かれした鳥=>(くちばしが食い違う)かけす(「鳥」cf.61)
」=「支」+「頁」:=えだわかれ+堅いもの=>枝分かれしたあたま=>先の割れた冠をかぶった頭=>冠をかぶる(「頁」cf.60)
」=「广」+「支」:=特別に角のあるもの+支えられたもの=>ささえられて角のあるもの=>たな(「广」cf.23)

 「庋」の「广」は「庪」の「广」より古い元の意味を表しています。




5.「蒦」の解読とその派生文字

 辞書では「蒦」の一部で象形とされる「萑」は草のみに関係する意味になっていますが、この同じ部分が「蒦」の字の中では鳥であると解説されています。

」=「サ」+「隹」:=男達+青年=>青年と男達=>?=>草の多いさま(「サ」cf.48)
」=「サ」+「隹」+「又」:=男達+青年+仕事=>男達の仕事=>皆で協力する仕事=皆でものを捕らえる/える=>策を凝らす=>はかる(「又」cf.88)

」=「犭」+「蒦」:=けもの+皆で協力する=>獣を皆でえる=>える(「犭」cf.13)
」=「口」+「蒦」:=くち+皆で協力する=>大声ではやし立てて捕らえる=>皆が叫ぶ=>声がやかましい(「口」cf.39)
」=「禾」+「蒦」:=穀類+皆で協力する=>穀類を皆でえる=>かりとる=>かる(「禾」cf.11)
」=「矢」+「蒦」:=矢+皆で協力する=>矢で皆が捕らえる=>周囲を囲んで射る=>周囲を囲む=>かこわれたもの=>わく(「矢」cf.54)
」=「虫」+「蒦」:=虫+皆で協力する=>皆で協力して葉を刈る虫=>尺取虫(「虫」cf.38)
」=「言」+「蒦」:=ことば+皆で協力する=>皆が協力して声を言葉をかける=>みなではげます=>まもる(「言」cf.39)
」=「舟」+「蒦」:=ふね+皆で協力する=>皆で協力する舟=>追い込み漁の舟=>ふね(「舟」cf.69)
」=「木」+「蒦」:=き+皆で協力する=>皆で協力する皮はぎ=>綱を取る硬い木=>ニレに似た木の名(「木」cf.59)
」=「氵」+「蒦」:=みず+皆で協力する=>(水滴が)協力する水の仕事=>雨だれの穴=>あまだれ
」=「扌」+「蒦」:=て+皆で協力する=>みなの手でえる=>とらえる(「扌」cf.12)
」=「竹」+「蒦」:=竹+皆で協力する=>皆で協力する竹細工=>竹箱=>竹製のわく=>わく(「竹」cf.54)
」=「丹」+「蒦」:=赤いもの+皆で協力する=>皆でえる(木の腐敗を防ぐ朱の)塗料=>辰砂(「丹」cf.32)



6.「臤」の解読とその派生文字

 「臣」は女領主の家に住んだようです。仕事として「十:=棒」を扱うことはなかったようで「臣」と「十」を組み合わせた文字が見当たりません。

」=(「男根と睾丸の象形」+「||」)の左90度回転:=おとこ+立ち上がるひと=>たちあがる男=>仕える男=>家来(再掲。cf.69)

」=「巨」+「又」:=男の家来+仕事=>家来の仕事=>仕事をする家来=>規律の正しいもの=>引き締まったもの
」=「臤」+「豆」:=引き締まったもの+女の正面=>緊張した女の正面=>姿勢を伸ばして立つ=>たつ(「豆」cf.60)
」=「臤」+「立」:=引き締まったもの+たった女=>引き締まって立つ女=>たつ(「立」cf.81)
」=「臤」+「土」:=引き締まったもの+男=>引き締まって立つた男=>たつ(「土」cf.19)
」=「臤」+「糸」:=引き締まったもの+いと=>張った糸=>引き締まったもの(「糸」cf.49)
」=「臤」+「月」:=引き締まるもの+体=>体を引き締める臓器=>尿を搾り出す臓器=>じんぞう(「月」cf.45)
」=「臤」+「貝」:=引き締まったもの+賢い男子=>緊張した賢い男子=>非常に賢い男=>かしこい(「貝」cf.60)
」=「臤」+「子」:=引き締まったもの+子供=>緊張した子供=>手を握り締めた子=>こぶし(「子」cf.83)
」=「臤」+「手」:=引き締まったもの+手=>緊張した手=>握り締めた手=>こぶし(「手」cf.12)


90rumata2.gif


スポンサーサイト

テーマ:漢字 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2010/09/30 09:38】 | 漢字解読4 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |
<< | home | >>

 

目次

イベント

最近の記事

最近のコメント

内容の紹介

 このブログは漢字の解読を紹介します。従来、部首はほとんど象形とされていますが、部首である「用」「角」「車」「里」「鬼」「竜」「魚」「黄」は部首「田」を含んでいます。  「田」を含む部首を「田」から派生した文字と説明しようとする探検です。

リンク

kanken.gif



samoa.gif

プロフィール

sachio43

Author:sachio43
定年後に漢字の解読を研究中
Dad.gif

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。