象形文字の秘密
漢字の解読

トップ > 2006年05月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告

田の意味-その8

 直接象形とされる部首の中には「用」「角」「車」「里」「鬼」「魚」「黄」「鼻」と「田」を含むものが多くあり重要な原始部首であるようです。
 これらの各々の意味と「田」の意味とは関係が見えず、意味が判然としないので間接的に迫りましょう。

tatata.gif


 まず辞書で「田」の解字を確かめます。
「田」 字義:「た」,「はたけ」
    解字:象形。十(あぜ道)で区切られた畑が並んだ形にかたどる。

 田の字だけなら字義とその解字は納得できますが、先の部首に組込まれた場合は直接に部首の意味と結びつきません。そこで第一段階として「田」の変形である「由」を取り上げ、間接的に迫ります。

「由」の字を辞書では、独立の象形文字としています。
「由」 字義:「~から」「より」「へる」
    解字:象形。酒を搾るたけの形にかたどる。

 「由」も象形の元の形と意味が繋がりませんから自分で探すしかありません。「由」のつく字を探し並べてその意味を比べます。
「抽」:ぬきだす  <=手で上に引き出す
「油」:あぶら   <=上に動く水
「袖」:そで    <=衣の上が伸びたもの
「舳」:へさき   <=舟の(高くなった)先
「柚」:ゆず    <=枝の先に実が付く木
「紬」:つむぎ   <=撚り上げた糸
「届」:とどく   <=伸びて尻までくる

以上をまとめて整理すると「由」は次のように解読できます。
」=>上に成長する(上に動く)⇒上が伸びる=>上に伸びる=>下から(下より)=>~から(~より)


 第二に「田」の変形である「甲」を取り上げましょう。
「甲」の字を辞書で確かめると、この字も独立した象形文字です。
「甲」 字義:「種子の外皮」「こおら」「さや」
    解字:象形。種子や外皮が割れて裂けた形にかたどる。

 「甲」も象形の元の形と意味が繋がりません。「甲」の付く字を探し意味を比べます。
「押」:おさえる  <=手で下におす
「岬」:みさき   <=山が海へと下へ伸び出した所

「由」に比べて例は少ないですが、形から「由」の反対の意味を持つと考えられ、次のように解読できます。
」=>下に成長する⇒下が伸びる=>上が固いもの=>上の固い所=>こうら


 第三に「田」の変形である「申」を取り上げましょう。
「申」の字を辞書で確かめると、この字も独立した象形文字です。
「申」 字義:のびる、さる
    解字:象形。稲光の様にかたどる。電の原字。

 「申」も象形の元の形と意味が繋がりませんから、「申」の付く字を辞書から探し出し意味を比べます。
「伸」:のびる   <=上下に成長するひと
「呻」:うめく   <=上下に開けた口
「紳」:おおつな  <=上下に伸びた糸(大綱=上下に立てた権威の象徴である締縄)

「由」と「甲」の助けを借りて、連想でつなげれば次のように解読できます。
」=>上下に成長する⇒上下に伸びるもの=>上下に伸びる人と猿=>さる
 初期の意味「上下に伸びるもの」は後代になって、人の場合は人偏を付けて「さる」と区別したと考えられます。

 辞書による「由」「甲」「申」の記述はその間の関連を切断するように各々独立の象形としていますが、全て「田」の派生型とするのが適切です。これらの派生型を基に形からの意味はさて置き、「田」の意味が分かった範囲で推定ます。

 「」=>?=>生まれる(成長の原点)=>生まれる所=>稲が生まれる所=>たんぼ

 実は現代でも「塩田(塩が生まれる所)」「油田(塩が生まれる所)」とか「田」の意味が適切に使われています。長い稲作時代の間に「田」を使った熟語「稲田」が「田」へと変化したと思われます。?の部分は未検討の部分です。

以上の解読から付随的に次のことが分かります。
(神)」=>上下の成長を示すもの =>人とさる 
原始時代の「神」とは「(二本足で立ち上がり)上下の成長を示すもの」を意味していたのです(「示」の解読は後に示します)!
 ちなみに辞書は次のようになっています。
「神」:解字「形成。意符の示(かみ)と、音符の申(雷がものを震わす音の意=震)とからなる。」

 次回は「田」の意味を元に他の文字の造りと意味の関係を探り、その確かさを傍証します。
スポンサーサイト

テーマ:漢字 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2006/05/29 07:57】 | 漢字解読2 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |

漢字解読の対象-その7

 漢字の解読を始める前に、どの辞書の文字を解読の対象にするかを決めましょう。

 甲骨文字は殷 (約西暦前17~11世紀)の時代後期の最古の文字とされています。その形は読み難く形を捉えることは困難です。同じく前に紹介した「説文解字」(AD100年頃,9353字)も特殊な字体で書かれていて我々には難解です。

 「康熙字典」(こうきじてん,1716年,49000余字)は中国の清の時代の康熙帝の勅撰により編纂され、それまでの漢字が集大成されています。
 見出し字は部首の画数順に配列され、各文字の字形と発音と意味を表記し、熟語の説明はなく、現代辞書の正字の規範です。

 専門家によれば、康熙字典の字形にも多少問題があるようですが、解読の対象は康熙字典の字を対象とします。説文解字以降に増えた文字は基本的に除いても良いと思われますが、説文解字はなぜか多くの有ってもよさそうな字が欠けており、この書の範囲に絞るのは問題がありそうです。
 また、不思議なことに色々な字を解読してみて気の付いたことは、康熙字典の字体の方が説文解字の字体よりも字の意味からみて納得できる場合がしばしばありました。

 字形や意味の細かい変形は歴史上の特殊な事情等で左右されるでしょうから、数千年に渡る大局的な「字形と意味」の追求で象形文字を解読できればよいと思います。
 調べた所「角川大字源」(角川書店出版)が忠実に康熙字典の部首や親字を扱う方針であることが分かりましたので、この辞書の字形と意味とを中心に以降の解読を続けようと思います。

 実は私は漢字の中国語発音を知りませんが、漢字の解読はすでに書いたように字形と意味の探求ですから、逆に発音に影響されない利点もあるでしょう?(本心は中国語の発音に詳しい方がこの解読を補正していただけることを望んでいます。)

 実際解読の初期には上記の「角川大字源」だけで「欠」の字が解読できました。疑問が生じたときには古典に返ることで解読が可能だあると思われます。


 最後に確認しておきますが、解読の対象として採用するのは康熙字典の正書法に拠ったものす。現在甲骨文字の字体、金門の字体等多くの異なる字体が発見されています。この解読は個々の字体を超えた解読です。

 極端な話「欠」に関して、「動物(ク)」の意味を持つ文字型が「P」で「ひと(人)」の意味を持つ文字型が「Q]であっても、象形文字「P+Q」が「動物的な人」の意味を構成している、ということを解読します。

 言い換えると、基本的な意味要素の追求と、それらを基に「象形とされる文字が別の意味要素から構成されている」ことの解読です。

テーマ:漢字 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2006/05/27 09:34】 | 解読の前に | TRACKBACK(0) | COMMENT(4) |

部首「欠」の解読-その6

 前回の解答です。「」を象形とは考えず、部首「ク」と「人」の合成と仮定すると「欠」の2の意味「かける」は簡単です。
「ク」+「人」=>動物的な人 =>理性に欠ける人 =>理性に欠けること =>欠けていること =>かける
と意味が通じます! 
 辞書はこの意味の筋を隠すように、ちょうど手品師が右手で種を仕込む時は逆の左手を大きく振り回すように、逆に難しい漢字の省略された俗字として「かける」の意味を導いています。 

 1の意味「あくび」はどうでしょうか? ちょっと難解です。
 「欠」が付き「口」に関係がありそうな字を集めてみます。
「飲(のむ)」「吹(ふく)」「歌(うたう)」「欧(はく)」「歓(よろこぶ)」「欣(よろこぶ)」
以上確かに口を開ける意味がありそうです。
 
「ク」+「人」=>動物的な人 =>? =>口を開けること =>あくび
を解くことが必要です。

 次のように解読できます。
「ク」+「人」=>動物的な人 =>すぐ牙をむき敵意を示す人 =>開けた口をアクビでごまかす人 =>口を開けること =>あくび

 動物的だった人間が身を守ろうと反射的に牙をむいたその口をアクビで取り繕うまでには、動物から人間への精神的な発達が示されており、何万年かの歳月を必要としたと思われます。
 (余談ですが、現在の会釈に伴う軽い微笑みもひょっとしてアクビと同じく敵意の牙を取り繕う名残かもしれません?)

 象形の部首と伝えられている「欠」が純粋な象形ではなく、二つの原始部首「ク」と「人」の会意文字(二つの以上の意味を持つ部首の合成)と解釈するほうが納得ができるのです。そして二つの部首を組合せる時に、記憶し易いように「口を開けた人の形に合成した」と考えられます。

 歴史的には始め「口を開けること」であったのが、時代が経っても何時までも牙をむく野蛮な人を表すのに、合成そのままの意味すなわち「動物的な人」=>「理性がない人」=>「理性にかける人」=>「理性にかけること]=>「かけること」=>「かける」という抽象的な意味へと徐々に変化した考えられます。

 部首が純粋な象形でなく、原始部首の要素からできていると仮定したのですが、その結果素直に解釈できることから、この仮定が正しと考えましょう。どうやら本解読その1から示してきた部首に関する疑問が解けそうです。

 次回からはいよいよ原始部首を掘り出し、その各々の意味を検討する解読の旅となります。

テーマ:漢字 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2006/05/24 00:36】 | 解読の前に | TRACKBACK(0) | COMMENT(1) |

「ク」の探求-その5

 前回の続きで「魚」「亀」「象」「角」の上にある「ク」を検討します。
以上の字はすべて直接の象形とされる部首の中にあることに注意してください。また特に「魚」と「角」に関しては「魚の鰭」と「角の足」だけが異なっているのです!

 「ク」の付く「」の字を取り上げ、まず辞書で解字を確かめます。
1.「ク+厂」の塊(人が崖の上でひざまずくさま)
2.「犯の字の旁」(人がひざまずいたさま)
1.と2.との合成(会意形成)で「人が崖の上でひざまずいたさま、あやうい意」

 1.の中の「ク」はどうも「人がひざまずいた象形」といっているようです? 2.は直接に「犯の旁」が「人がひざまずいたさま(象形)」といっていますが、無理に人にみたてると人が足を伸ばして座り前か屈みになったように見えます? 全体として人が危険なときを表しているようで、動物とは関係なさそうです。


 「」が動物に共通であることと頭らしく見える形とから、強引に「動物」(または「動物の頭」)の意味であると仮定しましょう。

 そして「」の字を「ク」と「厄」に分けて考えてみます。
すると不思議なことに、
「ク」(動物)+「厄」(災い) =>災いに合った動物
  =>怪我をした動物 =>あぶないこと =>あぶない
と辞書より簡明に説明でき、また直感的にこれだと納得できます。


 次にやはり象形であるとされている部首「」を取り上げ、辞書の解字を確認します。
1.「象形で人が大きく口を開けあくびをするさまにかたどる」⇒あくび 
2.「缶(ほとぎ)」+「夬(かける)」=「缺」の俗字
    ⇒ほとぎがかける意 ⇒かける 
の二つが説明されています。

kukuku.gif


 ここで問題です。次回までに皆さんも「欠」の辞書の意味の説明を考えてみてください。特に1.のアクビの意味が解ける人は、象形文字の解読ができる可能性があります(解けた人は下のコメントでご連絡ください。期待しています)。

テーマ:漢字 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2006/05/20 15:47】 | 解読の前に | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |

漢字解読 疑問の発生

 「魚」「亀(龜)」「象」は漢字では同じ「ク」が上に付いています。大字源(角川:以下この辞書を参照)ではどの字も各々の動物の直接の象形であると書かれています。あんなにも違う動物の頭が同じ象形だなんて・・・。本当に漢字は象形文字なのでしょうか? 更に良く考えると、

 どうして「象」の鼻を縮めたような「豚」に「ク」が付いてないのか?
 どうして「魚」の腹は鱗ではなくて「田」なのか?
 どうして「魚」の鰭は四つの点なのか? 
 どうして「象」「色」「免」の字は上半分が同じなのか?
どうして「石」「豆」「木」など部首が現実の形とずれているのか?

 以上の答えを探してみると漢字は「ソウケツ」という四っ目の天才が大昔に作った。「最初の象形文字は大変複雑な絵だったが次第に簡略化されて現在に至った」と説明されています。

 残念なことに中国は秦の時代の焚書坑儒(BC200年頃)で一部を除くほとんどの本が焼かれ、多くの学者が殺され、それ以前の歴史が失われてしまったのです。中国の後漢の時代に書かれた最も古い漢字の解説書「説文解字」(AD100年頃)は「部首(文)は象形で説明し(説)、他の文字の造りは(部首を使って)解字する」(それが本の題名)内容です。現在の漢字の解字は全てこの本が元になっています。
 
 しかし、洞窟で暮らした石器時代の人が書いた簡単な直線の組み合わせから象形文字が次第に複雑になった時代があったはずです。
 それに前回までの検討によれば、直感的に記憶しやすいのが象形文字の特徴であったはずです。

テーマ:漢字 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2006/05/19 23:15】 | 解読の前に | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |

表意文字の特徴-その3

 「文字を目で読む(見る)」ことを中心に表意文字と表音文字を比べて、表意文字の特徴をみてましょう。

 表意文字は意味を表す文字、表音文字は音を表す文字です。表意文字は基本的に一つの文字が一つの意味、すなわち一つの単語を表します。表音文字は基本的に一つの文字が一つの音を表すので、単語は複数の音からなり表音文字を並べて表します。

 表意文字の中には物の形をそのまま書いた象形文字と、標識のように特定グループ内で約束した意味を持つ表意記号があります。

 象形文字は見た「形」から意味を理解できます。特別な約束なしに民族を超えてその意味を直接理解できるのが理想です(前回の図を参照)。

 表意記号にはアラビア数字や数学の記号のように、多くの民族で同じ意味に約束されたものもあります。

 表音文字の中には単語を綴る文字の他に、音を示す民族毎の発音記号があります。発音記号は音だけを表し全く意味を持ちません。

 目言語では、古い時代の表意文字の単語が民族毎に異なった発音を持っていても形で意味が通じます。また極端な話、発音が分からなくてもその形から意味が通じます。



 耳言語では、発音した通りに表音文字で書いて、書かれた表音文字の通りに発音すれば仲間に通じるのが理想です。

 一方、民族の発音は時代や環境で激しく変化します。どの民族でも300年もすると次第に発音がずれて、同じ民族でも話し言葉が通じにくくなります。
 当然あまりに表音文字と発音がずれてくると、表音文字の理想のために、ずれた時代毎の新しい発音に合わせて表音文字を更新し続けようとします。

 一般に耳言語の国では、なるべく長い時代に渡り見て意味が通じるようにと、古い表音文字で綴った単語を新しい別の発音で読んで仲間に伝えようとします。だから単語を書くための表音文字と、その単語を発音するための発音記号が必要になります。

 表音文字を更新せずに発音記号を使う内は書いた物の意味が発音のずれてたグループ同士でも通じますが、表音文字を更新するとグループ間では音だけでなく文字で見ても通じなくなります。
 すると異なった表音文字を使うグループ毎に民族が分割される傾向が強く、実際ヨーロッパでは同じ語族が、狭い地域でたくさんの言語に分かれています。


 情報化社会では国家が標準語を定めて地方での発音のずれを防ぐのは容易となりましたが、喉の作りと時代毎の良く使う発音や言い難い発音等の研磨作用で、国家(民族)毎の発音のずれを止めるのは困難でしょう。
【2006/05/15 03:02】 | 解読の前に | TRACKBACK(0) | COMMENT(1) |

目言語と耳言語-その2

 ある「物」を表す名前を発音すると耳に訴えるので、名前を聞いて元の物(意味)が分かります。しかし目のための言語ではないので、他人の目に伝える時にはその名前の発音を「表音文字」で綴ります。
 このように「音」を中心に語を表記する言語を「耳言語」と呼びましょう。

 一方、ある「物」を書いた象形文字は目に訴えるので、形を見て元の物(語意)が分かります。しかし耳のための言語ではないので、他人の耳に伝える時にはその形の名前を発音します。
 このように「語意」を中心に語を表記する言語を「目言語」と呼びましょう。

 目言語の場合は目が受けた言葉の形が直接に相手の頭の中でモノとして認識されます。耳言語の場合は耳で聞いても目で見ても、音符を聞き取る時のように時間を掛けて音の流れの塊を言葉として捕らえ、その言葉からモノが認識されるという2ステップが必要です。


 児童は何かを書いて伝えるときに、耳で聞いた音(言葉)を書くよりずっと以前に絵を描きます。
 例えば原始人が「鳥を捕らえた」ことを伝えたいとき、絵が進化した「鳥」という記号化された文字と「捕える」という記号化された文字が解読できれば、現代人にもその意味は伝わるでしょう。

 漢字は音には関係なく意味だけを書いた文字ではないか、読めなくても目で見て意味が伝わる文字ではないか、そして一画一画が意味を持つ文字ではないかと考えて解読の探検を始めます。
 

20060515004129.gif

テーマ:漢字 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2006/05/15 00:58】 | 解読の前に | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |

未来の文字を求めて-その1

 漢字は人類が洞窟で生活し壁に絵文字を刻んだ時より生き続け、今日までその原型を留めています。

 映像化の現代になるというのに、日本でも次第に新しい言葉がカタカナで綴られ表音文字化しています。今まで数億年に渡って生きながらえた漢字の生命力を十分に理解し、それを生かしていないからです。

 漢字のできかたを解読して、次の世紀への新たな表記文字を生むことを目指した旅に出かけましょう。


テーマ:漢字 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2006/05/15 00:54】 | 解読の前に | TRACKBACK(0) | COMMENT(1) |

漢字の解読3

  1. 「Y」の追求   「Y」の派生
  2. 「Y」の追求2  横を向く「Y」-方向と意味
  3. 「Y」の追求3  なべぶたの展開
  4. 「Y」の追求4  「牙」の中の逆さなべぶた
  5. 「Y」の追求5  「亶」は陰で回るもの
  6. 「Y」の追求6  「人」は逆転の「Y」
  7. 「Y」の追求7  「人+人」の横型と縦型
  8. 「Y」の追求8  「丙」は男
  9. 「Y」の追求9  「大」の展開1
  10. 「Y」の追求10 「大」の展開2
  11. 「Y」の追求11 「木」の元は夫
  12. 「Y」の追求12 「ハ(下部)」は立ち上がるひと
  13. 「Y」の追求13 「_」と二重指示
  14. 複合文字の解読(その1)
  15. 複合文字の解読(その2)
  16. 複合文字の解読(その3)
  17. 複合文字の解読(その4)
  18. 派生部首の解読(その1)
  19. 派生部首の解読(その2)
  20. 派生部首の解読(その3) 「尸」
  21. 派生部首の解読(その4) 「臣と巨」「卯と卩」
  22. 特殊部首の解読(その1) 「幻-幺」
  23. 特殊部首の解読(その2) 「勿」の補足修正と「ユ」
  24. 特殊部首の解読(その3) 「/」と「東」「西」「南」「北」
  25. 「心」と「忄」の追求「心」と「忄」
  26. 派生部首の解読(その5)」「且」と「其-ハ
  27. 派生部首の解読(その6)「咸」と「老-ヒ」
【2006/05/05 23:55】 | 目次

漢字の解読2

  1. 「口」(かこう)の追求 「囲」は2男子を囲い育てる
  2. 「口」の追求      食べる口とその他の口
  3. 「口」の追求2     「串」の口は上下の口
  4. 「口」の追求3     「口」とひと
  5. 「口」の追求4     「口」と「ム」の対応
  6. 「口」の追求5     「口」と「一」
  7. 「口」の追求6     「名」は夕仕事のひと
  8. 「口」の追求7     集団の女達
  9. 「口」の追求8     「更」は妊婦の衣替え
  10. 「口」の追求9     「口」から「日」へ
  11. 「口」の追求10    「色」それは色欲
  12. 「口」の追求11    「事」は女と男のもつれごと
  13. 「目」の追求      「耳」も「身」も「目」の派生
【2006/05/05 23:49】 | 目次

漢字の解読1

  1. 漢字解読      疑問の始まり
  2. 「ク」の探求     意味の仮定 「ク」:=「動物」
  3. 部首「欠」の解読  部首が分解できる
  4. 漢字解読の対象  歴史的な字形のブレを避ける
  5. 「田」の意味    最も多く現れる原始部首
  6. 「田」の展開    共通の意味を搾り出す
  7. 「田」の展開2   成長の方向
  8. 「ノ」の追求     意味につけるダッシュ - 人偏と行人偏
  9. 「一」「二」「三」   数字の基本
  10. 「一」「二」「三」2  文字の中の数字
  11. 「ム」の追求     「ム」の意味は有無の「無」
  12. 「弋」の追求     道具と武器の原点
  13. 「尸」の追求     由来はともあれ「しり」
  14. 「ハ」の検討     由来はともあれ「わける」
  15. 「乙」の検討     かすかな脈絡
  16. 「乙」の追求     「乙」は二画
  17. 「ト」の追求      「十」右半分
  18. 「一」の追求     縦線と横線の文字
  19. 「|+ノ」の展開   原始文字
  20. 「厂」の追求     曲げた体=>曲がったもの
  21. 「序」と「車」     ひさしと手臼
  22. 「角-ク」の解読   妊娠した体
  23. 「勹」の解読     繋がった二本足(横向き)
  24. 「勹」の展開     「万」:=二本足の体
  25. 「勿」の追求     四本足の動物
  26. 「句」と「局」の追求 股間の口
  27. 「勹-ノ」のまとめ  曲げた足
  28. 「冂」の追求     コの字型のもの
  29. 「冂」の展開     人の体
  30. 「冂」の展開2    両手を付いて進む体
  31. 「巾」の追求     制するもの
  32. 「凵」の追求     ブラジャの元祖、帯
【2006/05/05 23:06】 | 目次

はじめに


  1. 未来の文字を求めて  漢字の生命力を未来に生かせるか

  2. 目言語と耳言語    表音文字が発音するための発音記号を持つとは?

  3. 表意文字の特徴    意味は共通、発音は勝手-アラビア数字

【2006/05/05 22:51】 | 目次

ブログ開設

ブログ開設! ありがとうございます。
fc2

 「FC2 BOLG」万歳! 簡単にブログを開設できる環境を用意して頂き心から感謝いたします。

味気ないカタカナへと表音文字化していく日本語を悲しく思い「未来の文字はどうあるべきか」という目標を掲げ、現在までも生き続ける象形文字、我々の愛する漢字の生命力が何かを探りたいと思います。

fc2

 

テーマ:漢字 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2006/05/05 10:19】 | 雑記 | TRACKBACK(0) | COMMENT(4) |
<< | home | >>

 

目次

イベント

最近の記事

最近のコメント

内容の紹介

 このブログは漢字の解読を紹介します。従来、部首はほとんど象形とされていますが、部首である「用」「角」「車」「里」「鬼」「竜」「魚」「黄」は部首「田」を含んでいます。  「田」を含む部首を「田」から派生した文字と説明しようとする探検です。

リンク

kanken.gif



samoa.gif

プロフィール

sachio43

Author:sachio43
定年後に漢字の解読を研究中
Dad.gif

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。